資金調達はどれくらい時間がかかる?資金調達の気になる点まとめました!

- 資金調達のQ&A

資金調達のQ&A

質疑応答の様子
資金調達をするうえで、不安や疑問点を放置したまま行っては絶対にいけません。
きちんと不安や疑問点は解消したうえで、行うようにして下さい。
では資金調達に関するQ&Aをいくつか紹介していきます。

資金調達の相談はどこですればいいの?

今はネットを活用する事で、いろいろ事前に調べる事が可能です。
しかしながら、あまりに情報量が多かったり、ケースバイケースの場合など、調べても分からない事も存在しています。
そのため基本的な知識は、ネットや書籍で情報収集したうえで、専門家に相談した方が疑問点を理解しやすいと言えます。

ただ専門家に相談するといっても、どこで相談すればいいのか分からないという人も多いでしょう。
例えば銀行の融資を検討しているのであれば、銀行の相談窓口を利用するといいでしょう。
相談した結果、現在の財務状況では融資の審査に通らないと言われたら、銀行よりも審査が通りやすいノンバンクに相談してみて下さい。

他にも政府が出資している日本政策金融公庫や地方自治体が相談窓口を用意しています。
商工会議所や顧問弁理士など、複数の相手に相談する事でいろんなアドバイスを受ける事が可能です。
その中から自分が最もいいと思った方法を選ぶと失敗するリスクを抑える事が出来るのではないでしょうか?

基本的にどこも無料相談を行っているので、相談し不安や疑問を解消して下さい。
ただし相談をする際の注意点は、無計画に相談に行っても相手も的確なアドナイスを行う事が出来ません。

まず自社の事を短時間で理解してもらうために、会社案内などを用意していきます。
そして財務状況や事業計画、返済計画などをキチンと説明出来るように準備していきましょう。

どれぐらい時間がかかるの?

融資や補助金など資金を獲得する方法を選択し、手続きや申請を行う場合に、どれぐらい時間がかかるのか気になりますよね。
中には支払日などのタイムリミットが決まっていて、それまでにどうしても資金を獲得する必要がある場合もあるでしょう。

ですがどれぐらい時間がかかるのかは一概には言えません。
申請を行った金融機関や地方自治体によって審査にかかる時間は異なります。
例えば金融機関の中でも銀行は時間がかかりますし、消費者金融のカードローンやビジネスローンは即日または翌日にもOKなところもあります。

また自社の財務状況や希望額によっても、審査にかかる時間は異なってきます。
100万円と1000万円の資金では、高額になればなるほど貸す側も無事に返済してもらえるのかリスクが高まります。
そのため返済能力があるかを慎重に審査を行う必要があると言えます。

他にも担保融資の場合は、担保にどれぐらいの価値があるのか専門家が現地にいって調査を行う必要があるため審査には時間がかかってしまいます。
そのため時間に余裕がある時と時間に余裕がない時では、選べる方法が変わってくる事を理解しておきましょう。

資金の獲得後の失敗に気を付けよう

なんとか無事に希望額の資金を獲得する事が出来たとします。
これで事業を運営する資金を確保できたし、一安心と思っている経営者もいるかもしれません。
ですがせっかく手に入れた資金を無駄な事に投下して失敗に至るケースが本当に多いのです。

典型的な失敗例としては、人を増やせば業績が伸びると勘違いしてしまうケース。
確かに人手不足な状況では生産性が落ちて、業績は落ちる一方です。
ですが人を増やせば必ずしも業績が伸びる保証はありません。
人材に関しては状況に応じて必要性がある人材を確保するようにして下さい。

また業績を伸ばそうと広告にお金をかける事は、有効なケースもあります。
ですがプロダクトの作りこみが甘い段階で、広告にお金をかけても広告費は無駄になるだけです。
魅力的な商品やサービスを提供出来る環境が整ってから、タイミングを考慮して広告を行うようにしましょう。